みつはたペインクリニック

診療時間

みつはたペインクリニック

痛みの治療

Treatment of pain

神経障害性疼痛

痛みの治療

神経障害性疼痛は「体性感覚系に対する損傷や疾患により直接的に引き起こされる痛み」と定義されています。

痛みでは痛覚伝導路(末梢神経-脊髄後角-脊髄視床路-視床感覚核群-視床皮質路-大脳皮質体性感覚野)のどこかに損傷が起こった時に発症し、末梢からの感覚入力が絶たれた後にその支配領域に激烈な自発痛および異常な誘発痛が発現します。神経障害性疼痛では神経支配領域に異常な感覚過敏が見られます。この痛みは日常生活ではあまり経験しないような特徴的な痛みです。自発痛としては、「灼けつくような(灼熱感)痛み」、「電撃性で刺すような痛み」、「ビリビリするような痛み」、「ズキズキする痛み」などと表現される。

また誘発痛としては、アロディニア(非侵害性刺激による痛み、例、ブラシで皮膚をこすると痛みを感じる)と疼痛過敏(通常痛みを感じる刺激によって誘発される感覚が通常よりも強くなる状態)が見られます。
神経障害性疼痛に対する治療は、侵害受容性疼痛(怪我による痛み)や心因性疼痛(精神的な原因による痛み)とは明確な違いがあるため鑑別診断が重要です。しかし、神経障害性疼痛は末梢性から中枢性までの多くの因子が関与し、かつ痛みは主観的感覚なので鑑別診断は難しいことが多いので、専門医の診断が必要です。神経障害性疼痛を含む慢性痛の治療は、エビデンスに基づいた薬理学治療が薦められています。当院では的確な薬物治療をすることができます。
薬物治療にはエビデンスに基づいた西洋薬を中心に行い、必要に応じて漢方を併用します。

頭痛

日本人の疾病別頻度では頭痛は高い頻度を占めており、特に女性では多く見受けられます。
肩こり・首こりからくる頭痛を緊張型頭痛といいます。鎮痛薬を長期にわたり服用しているとその鎮痛薬により頭痛が起きることがあります(薬剤の使用過多による頭痛;薬物乱用頭痛)。緊張型頭痛が頭痛の中では最も頻度の高いものです。

また頭痛で最も苦しいものが片頭痛や群発頭痛です。これらの頭痛も適切な診断のもと、適切な薬(西洋薬や漢方)で治療することができます。ペインクリニックでは薬物治療と伴にトリガーポイント注射による治療が可能です。
二次性頭痛と頭の中に病気があって発症する頭痛ですので頭の精密検査が必要となりますので適切な専門医に紹介します。

三叉神経痛・顔面痛・舌痛

顔面・舌の痛みは治療が難しいことがしばしば見受けられます。
精密検査をしても原因が良くわからないが、顔の痛みが取れない時には各々の治療法があります。特発性三叉神経痛は、適切な薬や神経ブロックにより治療ができます。
顔面痛と舌痛は、西洋薬と漢方でかなりのよくすることができます。

首の痛み

変形性頚椎症のように頚椎に病気がある時には首の痛みや肩、上肢に痛みやしびれが出ることがあります。
寝違いなどでも同じような痛みが出ることがあります。頚椎の状態を診断して治療法を決定します。
いわゆる首コリなどにより頭痛(緊張型頭痛)が併発することがあります。安易なマッサージにより症状が悪くなることがあるので、早めの治療が必要です。

腰痛・下肢痛

腰痛の全国規模の調査によると、「治療を受けるほどの腰痛」を感じたことがある人口はで男性で54.1%、女性で51.1%に達しているとのことです(整形外科学会)。
軽度の腰痛も含めると、もっと数が増えるでしょう。全ての年齢層にわたって腰痛は頻度の高い病気です。高齢者の慢性腰下肢痛の原因では腰部脊柱管狭窄症が最も多く、ほとんどの症例で急性の痛み(侵害受容性疼痛)と慢性の痛み(神経障害性疼痛)が混在しています。
急性の痛みであれば短期間の鎮痛薬の投与と安静で改善することが多いですが、神経障害性疼痛であれば、鎮痛薬を漫然と長期間にわたり使用しても改善することはありません。腰部脊柱管狭窄症の初期症状としては、動くことによりそれらの症状が改善する腰痛と朝起きた時の腰が固まった感じが現れることが多く、疾病の進行とともに腰痛、殿部から大腿にかけての痛み、ふくらはぎの不快感、こむらかえし、下肢のしびれと痛みが出現してきます。運動障害は目立つ症状ではありませんが、多くは長時間の立位や歩行により出現し神経学的間欠的跛行となる。治療として保存的治療と外科的治療がありますが、基本的には保存的治療が一次的です。保存的治療は薬物療法と定期的な硬膜外ブロックや超音波治療などを行います。

腰痛の原因としては、レントゲン写真やMRIでは診断できない、仙腸関節症があります。
仙腸関節症では、腰痛と伴に、座ると痛みが強くなる、上向けに寝るのがつらい、股関節の部位に痛みがある。大腿部の外側に痛みがあるなどがあります。診察で仙腸関節が疑われたら、後仙腸靱帯ブロックを併用して薬物治療を行います。
また、『冷え』で痛みや痺れが強くなることが、腰痛の患者さんでは多く見受けられます。冷えを改善する薬は、漢方が最も有効です。

膝の痛み

加齢と伴に膝に痛みが出現することが多くあります。原因としては、変形性関節炎が最も多く、骨の破壊がある重症なものは整形外科での膝関節人工関節置換術の適応となります。
このような場合には、整形外科の専門医の診断治療が必要となります。骨の破壊のない「膝の痛み」はペインクリニックで多く治療しています。西洋医学的には鎮痛薬やヒアルロン酸の膝関節への注射を行います。
また冷えやむくみで膝の痛みが強くなることがあります。そのような場合に漢方で治療します。漢方で劇的に膝の痛みが軽減されることがあります。

圧迫骨折の痛み

圧迫骨折の痛みは、圧迫骨折の程度によりますが、かなり痛いものです。
圧迫骨折は痛みが強い時期は発症後2週間ですので、その間は安静と強い鎮痛薬(麻薬やそれに準じた鎮痛薬)での治療が基本となります。
痛みを和らげるために漢方が有用なことがあります。高齢者では圧迫骨折の危険性が高まり、特に高齢の女性では骨粗しょう症が基礎にあることが多く、骨粗しょう症の治療も同時に必要です。

帯状疱疹後神経痛・帯状疱疹の痛み(帯状庖疹関連痛)

帯状疱疹関連痛は前駆痛、急性期帯状疱疹痛、帯状疱疹後神経痛(PHN)と大きく3つに分類できます。
疱疹出現時には60~90%に痛みと知覚過敏が出現します。帯状庖疹は水疱瘡のウイルスで起こる病気で、神経の損傷により侵害受容性疼痛(急性期の痛み)や疼痛過敏(痛みを強く感じる状態)、アロディニア(軽く触っただけで痛みがでる状態)が出現します。
疱疹の増加とともに疼痛が強まり痂皮(かさぶた)形成に伴って減少しますが、50歳以上の患者では9~34%の患者で帯状疱疹後神経痛を発症します。急性期帯状疱疹痛の痛みが強い時には帯状疱疹後神経痛の発症の危険性が増加します。
そのため帯状庖疹が出現して1か月以内の急性期の時にしっかりと痛みの治療をすることで、帯状疱疹後神経痛の発症の頻度を少なくすることができます。帯状疱疹後神経痛の発症の最大の危険因子は加齢(50歳以上)であり、加齢に伴い帯状疱疹後神経痛の発症率が増加します。発症率は50歳以上では50歳以下に比べて14.7倍です。特に高齢者では帯状疱疹後神経痛に対して十分な注意を払う必要があります。他の危険因子としては、急性期の痛みの強さ、痛みの前駆症の期間(3日以上)、疱疹の範囲(1分節以上)、異常知覚(アロディニア、知覚低下、知覚過敏)の存在、抗ウイルス薬の非使用などがあります。
治療はエビデンスに基づいた西洋学的薬物、神経ブロック、漢方治療で行います。最も適した治療を選択して、痛みを緩和します。

帯状疱疹後神経痛は月以上経過した後にも痛みが残存し、その病態は神経障害性疼痛であるため前述の薬物ではなく神経障害性疼痛の治療藥が必要です。
急性期帯状疱疹痛からPNHに移行する時期の痛みは侵害受容性疼痛と神経障害性疼痛の両者が関与しているので、亜急性期にも神経障害性疼痛の治療が必要です。

癌による痛み

がんによる痛みは麻薬の適切な使用により、かなり痛みを和らげることができます。
現在では、WHOのがんの痛みにたいするガイドラインに沿って行います。がんの痛みの治療には「Total pain」という概念で治療を行っています。Total pain(全人的な痛み)とは、近代ホスピスの創始者であるCecily Saunders(1917〜2005)が、末期がんの痛みには、4つの痛み:「身体的痛み physical pain」「精神的な痛み psychological pain」「社会的ないたみ social pain」「スピリチュアルペイン spiritual pain」があると捉え、その全てに対して的確な治療を行うことにより、痛みを和らげることができるとするものです。
痛みだけを治療しても決して痛みを緩和することができないので、
【精神面】:不安・いらだち・孤独感・恐れ・うつ状態・怒り、診断の遅れへの怒り・効果のない治療への怒り・容姿の変化・痛みの恐怖、死の恐怖・絶望感、
【社会面】:仕事上の問題・経済上の問題・家庭内の問題・疎外感、孤独感・人間関係、
【スピリチュアルな面】:人生の意味への問い・価値体系の変化・苦しみの意味・罪の意識・死の恐怖・神の存在の追求・生死観に対する悩みに痛みの治療とともに対処しながら治療を効果的に行います。麻薬を中心にその他の薬、漢方で治療を行います。
レントゲン透視下やCT下での神経ブロックが必要な場合には、関連病院である順天堂大学医学部付属順天堂東京江東高齢者医療センターペインクリニックに紹介します。必要があれば院長が神経ブロックを行うときには紹介先の医師と一緒に行います。

生理痛

激しい生理痛は、婦人科での精密検査が必要で、ホルモン治療などの専門的な治療が適しています。子宮内膜症などによる生理痛のひどいものは婦人科による治療が必要ですので必要に応じて婦人科専門医に紹介します。
器質的疾患のない生理痛は漢方でかなり軽減することができます。また生理に伴うイライラ、肌の荒れなども漢方で治療することができます。

五十肩

五十肩の好発年齢は50歳を中心に40歳代から60歳代であり、肩関節を構成している組織の老化を基盤として発症します。
多くは夜間痛に痛みが強くなり、初期には痛みが主であり、その後肩の運動性制限が生じてきます。典型的な五十肩を放置していますと徐々に進行して癒着期または凍結期(frozen phase)のなり肩の動きができなくなります。痛みが発現したときに直ぐに治療をすれば、比較的早く回復する傾向があります。ペインクリニックでは神経ブロックや肩関節(肩峰下滑液包内)へのヒアルロン酸注射により治療します。同時に薬物治療も併用して行います。肩の痛みでは石灰沈着性腱板炎は突然の強い痛みにより肩関節の可動制限がおこります。
この病気は、沈着した石灰を注射で壊すことにより劇的に回復します。五十肩の治療は早ければ早いほど、治るのも早く、痛みが出現した早めに受診されることをお勧めします。

肩こり

肩こりは多くの人が経験する状態です、運動不足や仕事でコンピュータを長時間使用する人には特にひどい肩こりがみられます。
肩こりがひどくなると頭痛や気持ちの悪さ(吐き気や胃部の不快感)などが症状として出現します。肩こりは正しい姿勢と運動が最も大切です。
ひどい肩こりには、トリガーポイント注射(押して特に痛いところに筋肉を和らげる注射)と漢方で治療することができます。肩こりに対しては効果的な漢方がいくつかあります。患者さんの症状にあわせて漢方を選択することで肩こりはかなりの頻度で治すことができます。また肩こりは軽度の運動と正しい姿勢で多くは治療することができます。当院では正しい姿勢の指導をすることができます。

冷え性

冷え症は漢方の最も得意とするところです。
体の冷えから体調不良になることが多く、体を中から温めることで元気になります。また体温が下がることにより免疫力が低下し、風邪などの感染症にかかりやすくなります。
女性では冷えによる生理不順や生理痛が強くなることがあります。適切な漢方を服用することで冷え症を改善することができ、健康な体を維持することができます。
慢性痛では冷えを訴えることが多く、またアロディニア部位では自覚的・他覚的に冷えを認めることが多くあります。「痛い部位を温めると気持ちがよく痛みが軽減する」、「入浴により痛みが楽になる」「風呂で温まると軽快し、長湯を好む」「手足が冷たく、カイロやひざ掛け毛布が手放せない」「冷房が苦手で、スーパーの生鮮食品売り場の前を通れない」などの症状がある時には、是非受診してください。漢方で冷えとともに痛みや体調不良を改善することができます。

便秘症

便秘は.便秘は病状の期間から慢性便秘(症)と一過性便秘(症)があります,原因から機能性便秘(症)と器質性便秘(症)に分類されます。
大腸や小腸の器質的便秘は消化器内科での精密検査により原因を明らかにする必要がありますが、多くの人は機能性便秘に苦しんでいます。便秘に伴う症状としては、腹痛や腹部膨満,腹部不快感,不安,排便する際の痛みや出血などがあります。
便秘の種類としては「弛緩性便秘」「けいれん性便秘」「直腸性便秘」に大きく分けることができます。各々の症状に適した西洋薬や漢方を服用することにより改善できることがあります。

肌の荒れ

最も漢方が得意とする領域です。若い女性は皮膚の荒れや目の周りのクマが気になると思います。漢方で体の中から治療することで皮膚の状態は改善されます。

  • 腰痛が治らない患者さんへ
  • 肩こりと頭痛が治らない患者さんへ
  • 便秘と肌荒れに苦しんでいる人に

QandA よくある質問

ドクターズファイル