みつはたペインクリニック

診療時間

みつはたペインクリニック

ペインクリニック内科

Pain clinic

ペインクリニック内科とは

ペインクリニック内科

ペインクリニックでは、神経ブロック療法や薬物療法などの様々な方法を用いて、慢性的な有害な痛みの治療を行っています。

痛みの治療にあたっては、専門的な知識と技術をもとに、症状や身体所見から痛みの原因を診断し、適切な検査や治療を行います。
ペインクリニックでは、患者さん一人ひとりの身体的状況やライフスタイルを考えて、QOL(生活の質)の維持と向上を最終目標に治療内容を選択していきます。整形外科領域で扱う病気の多くはペインクリニックで治療できます。手術が必要なときには最も適した整形外科を紹介します。

対象となる症状例

痛みは全て対象とします。痛みがあればどの様な痛みであれご相談ください。

頭痛、頚の痛み、肩こり、肩の痛み、背中の痛み、腰の痛み、下肢の痛み、癌の痛み、生理痛など痛みは全てペインクリニックの対象となります。
また原因がはっきりしなく治療法がないといわれたような痛みも治療することができます。痛みの種類は、本来の痛みの機能に由来する痛み(侵害受容性疼痛)、病的な痛み(神経障害性疼痛)、心情と密接に関係する痛み(心因性疼痛)など多種多様ですが、すべての痛みがペインクリニックの対象となります。

部位別にみても、頭部・顔面痛・頚肩腕痛・胸背部痛・腹痛・腰下肢痛・骨盤内・陰部痛など身体のあらゆる箇所の痛みが対象となります。
病気の種類としては、片頭痛や緊張型頭痛など頭痛全般、三叉神経痛、筋骨格系疼痛(筋筋膜性疼痛、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、腰椎術後疼痛、肩関節周囲炎、胸郭出口症候群など)、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、がん性疼痛、閉塞性動脈硬化症やバージャー病、膠原病などによる難治性潰瘍、術後痛、複合性局所疼痛症候群、幻肢痛、神経障害性疼痛などがあります。
(日本ペインクリニック学会websiteより引用)

治療法

薬物治療(西洋薬と漢方)、神経ブロック、光線治療のような物理的治療があります。特に私のクリニックでは西洋医学的ペインクリンックの治療に更に必要に応じて漢方を併用するところが特徴です。

よくある質問

ペインクリニックは注射(神経ブロック)を必ず行うと聞きましたが?
病気により神経ブロックが最も適しているときには、注射を薦めますが、注射が嫌なときには、その他の薬の治療や光線療法を行います。患者さんの希望に添って治療を進めます。
痛みに対して鎮痛薬は対症療法でしかないのでは?
痛みは神経に炎症が起きたときに生じる生理現象ですので、局所麻酔薬やステロイドを使用し、炎症をとる治療を行います。局所麻酔薬で痛みを取る事により患者さんが本来持っている治す力(治癒力)を高め、痛みを緩和します。
また、交感神経ブロックを行い、損傷神経への血流を改善し、傷ついた神経の回復を助けます。そのため本質的な治療になります。
注射(神経ブロック)は痛いですか?
注射ですので、痛みが全くないわけではありませんが、採血時の痛み程度の痛みです。
  • 腰痛が治らない患者さんへ
  • 肩こりと頭痛が治らない患者さんへ
  • 便秘と肌荒れに苦しんでいる人に

QandA よくある質問

ドクターズファイル