みつはたペインクリニック

診療時間

  • ご予約・お問い合わせ
    03-5683-1199
  • 休診日:木曜・土曜午後・日祝

みつはたペインクリニック

腰痛

腰と股関節が痛くて、いろいろな病院で診てもらいましたが、検査では何も異常なところがないので、様子を見るしかないといわれましたが、痛みが続いています。治療法はあるのでしょうか。

症状的には仙腸関節痛が考えられます。仙腸関節(せんちょうかんせつ)は、骨盤の骨である仙骨(せんこつ)と腸骨(ちょうこつ)の間にある関節であり、周囲の靭帯(じんたい)により強固に連結されています。仙腸関節(せんちょうかんせつ)は脊椎の根元に位置し、画像検査ではほとんど判らない程度の3~5mmのわずかな動きを有しています。日常生活の動きに対応できるよう、ビルの免震構造のように根元から脊椎のバランスをとっていると考えられています。中腰での作業や不用意な動作、あるいは繰り返しの負荷で関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。

症状としては片側の腰臀部痛、下肢痛が多くみられます。仙腸関節障害で訴えられる“腰痛”の部位は、仙腸関節を中心とした痛みが一般的ですが、臀部(でんぶ・おしり)、鼠径部(そけいぶ・あしの付け根)、下肢(かし・あし)などにも痛みを生じることがあります。長時間椅子に座れない、仰向けに寝れない、痛いほうを下にして寝れない、という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんが多くいらっしゃいます。腰臀部、下肢の症状は、腰椎の病気(腰部脊柱管狭窄症・ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)や腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)などによる神経症状と似ているので注意が必要です。

下肢の痛みは一般的に坐骨神経痛と呼ばれますが、仙腸関節の動きが悪くなり、周囲の靭帯が刺激されることでも、下肢の痛みを生じてきます。(日本仙腸関節研究会ホームページからの引用)。仙腸関節痛の治療には、仙腸関節ブロックを行います。当クリニックでは後仙腸靱帯ブロックを外来で行っています。

仙腸関節痛であればこのブロックで劇的に改善することがあります。診断がつかない腰痛には仙腸関節痛であることがよく見られます。是非当クリニックにご相談ください。